結婚したい30代アラサー女子が結婚相談所へ

ケジメなく欲望のままに行動するのは考えものだが、好き合った男女が手を握り合うくらい当たり前。

大正や昭和の初期とは違い、自分の慨侶は自分で探さなければならないという時代である。しかし、自分がよほどしっかりしていないと、いい男性はみんな他人にとられて、自分一人取り残されてしまつことにもなりかねない。

昔は男女とも、地域に強く根ざした社会生活を送っていた。地元で生まれ、地元で働くことが多く、同じ地域に生まれ、同じような家庭環境で育った相手と縁が結ぼれる、というパターンが多かった。

それゆえ、結婚を神霊世界から仲うぷすながみ介する神様である産土神(その土地ちんじゅの鎮守様)の働きも今日より活発であった。村祭りなどで出会いがあったり、真剣に祈り、素直な心でいると神縁ある相手と結ぼれたものである。

地方では、今なおこの方法で成功する場合が多い。しかし、問題は都会に出てきた適齢期の男女である。しかも神に対する崇敬心がなく、自分なりの偏狭、独善的な異性観に凝り固まっている。

自分の抱く理念、理想が逆に本人を呪縛し、身動きをとれなくしているケlスも多い。また、本人ばかりではすまず、彼女を恋い慕ってきた男性の愛情をも呪縛してしまう。この呪縛を解かない限り、女性はいつまでたっても、男を寄せつけない存在となろう。

●苦しみのまま死ぬと地獄へ行く

適齢期が過ぎても結婚できず、「結婚したい」と渇望しながら霊界へ旅立つと、悲惨な事態に陥る。特に、男の腕に抱かれてみたい、と思いながらも男を知らず死ぬと、猛烈な執著心と悲憤感が強くなる。また、満たされない未亡人などは暗いドロドしんぎんロした世界で附吟する。

これが、私が見た霊界の真実の様子であった。むろん、すでに肉体は失っているわけだから、欲望を満足させることひょうはできない。そこで地上の女性に滋依して、修女の体を借りて欲望を遂げようとするのである。

これが「色情霊」といわれるものだ。生前、女としての興味と情欲を抑えきれず、水子もつくってしまった女性と、好奇心と情欲を押し殺し、苦しみのまま処女で一生を貫き通した女性がいたとする。霊界ではどちらのほうが霊層が高いかといえば、それは前者なのである。

宗教家や倫理・道徳家には目をむいて異種乞唱えられるかもしれない。確かに水子をつくることは喜ぶべきことがらではない。母体を傷つけ、胎霊を曇らせ、水子霊を悲しませるが、そのことが原因で地上の人間に滋依したりすることは少ない。

ところが、いくら肉体的には純潔を守り通したといっても、苦しみ、執着心を抱いていたのでは、霊界でもやはり苦しい。むしろ、肉体がなく自分の感情や執念を隠すことができない分だけ、余計に苦しく者いともいえるのである。

オーネット・ツヴァイ・パートーエージェント

幸せの生活設計を描くために

●自己の神璽世界を麿いて男運を呼び寄せる

数ある美しい花の中から、あなたという花を見つけて飛んでくる蜂や嫌。それは偶然ではない。ひきつけるだけの「何か」が、花に漂っていたからにほかならない。

結婚できそうでできない女性と、順調にゴールインする女性。この差は、顔の美醜が理由ではない。男性を魅了する努力をどのくらい積んだかの途いなのである。

もちろん、内面の美しさは化粧など表面をつくろう以上に大切であるが、それだけでは男還はやってこない。最も重要な努力|(それは自己の神霊世界を磨き、高めていくことにある。そして、男運霊界を動かすことにあるのだ。自分の想念世界を魅力的に拡大し、守護霊様、守護神様を敬い、あわせて相手の幸福も願う。

つまり、霊界からも現実界からも好まれる心境になれば、強力な男運が必ずあなたの身近に、うず巻くのである。

●思わず相手のほうからやってくる秘法

自己の神霊世界を磨くことは、とりもなおさず、霊層を高め、女としての運気を向上させるということだ。霊層とは何かといえば、それはその人の裡霊的な高さをいう。

人殺し、泥棒、嘘つきなど、自己中心的な人関ほど霊層は低い。霊層は数多くのランクに分かれており、高いほど強い普還が、なす巻き、低い層には悪霊が巣食っている。心の持ち方や行いによってランクを上げることができ、それに伴って男運だけでなく運勢全般のレベルアップもできるのだ。

運気は大きく三つに分けられるが、理解しやすいように野球のバッターにたとえて解説してみよう。普通のバッターは「好球必打」のみを心掛ける。つまり、自分の打ちやすい球がきたらパットを振ってみようというわけである。

これを男性交際にいい換えると、好みの男性らしき人物が現れたらアタックしようと思っている心である。これでは、相手まかせ、還まかせという面が強く、男還があるとはいいがたい。次は相手のピッチャーをよく研究して球筋や球種を読むバッター。好球は逃さず、準舟球もそれなりに打ち込むことが可能だ。

関口を広く構えることができ、球種が読める。つまり、ある程度男性を見る目が培われているので、大きな失敗はしない。理想的なのは「絶好球呼び込みバッター」というピッチャーが思わず命好球を投げてしまうバッターだ。相手ピッチャーの心を自在にコントロールし、自分の思い通りの球を投げさせることができる。

男速にいいかえると、好みのタイプの男性が、まるで吸い寄せられるように向こうからやってくる、というわけだ。

これを神霊界から見てみると、守護童、守護神が強烈に働いて大連気が三す巻き、圧倒的なパワーの男還を呼び込む。こんな楽なことはないが、こんな境地に誰もが立てるといけんさんうわけではないのだ。日々の研鏡、たゆまぬ努力、そして深い愛が合致しなければならない。

青汁に賞味期限はある?

青汁に賞味期限はある?

冷凍したままで、みなさんの手元に送るのは、ケールに含まれている豊富な栄養分を、できるだけ新鮮な状態でお届けするためです。

解凍したものでも、冷蔵庫に入れておけば、腐敗することはありません。ただ、開封したものはその日のうちに飲んでください。また、一度解凍したものは、再度冷凍しないでください。これも2~3日囗以内くらいに飲むようにしてください。

「キューサイ青汁」の場合、年間を通じて消費者の手元に届くように、製造した青汁を本社の冷凍庫にて、一定量ストックしています。栄養価をできるだけ損なわないように、マイナス30度Cという極低温を保った冷凍庫で保存するので、品質は変わりません。ただし、手元に届いてからは、3 か月以内をめどに飲んでください。家庭の冷凍冷蔵庫ではマイナス10度C が限度で、さらに扉の開閉などによる温度上昇があるためです。

野菜を食べるより青汁を飲んだ方がいい理由

野菜を食べるより青汁がよいのはなぜか

康な成人が一日に必要とする緑黄色野菜は、300グラム程度といわれています。

野菜によっても違うのですが、身体に必要な栄養素を生の野菜からとるためには、少なくとも毎日400~500g以上食べなくてはまかなえません。また、青野菜を生で食べると、どうしてもそしゃくが不完全になり、栄養素が体内に吸収される前に、排泄してしまうことが多いのです。

したがって、必要な栄養素を料理からのみで補給するには、かなりの量を食べなくてはいけないことになります。青汁ならば、1パック飲むだけでケール100g 、栄養成分で換算すれば、ふつうの緑黄色野菜のそれ以上をとったことになりますし、効率よく栄養分が体内に吸収されるのです。

さらに、野菜を調理すると、成分が失われることが多くなります。たとえばビタミンCは熱が加わることで、ほとんどが失われてしまいます。調理の際に、砂糖や塩、調味料などが加わり過ぎるのも、健康にあまりよくありません。なるべく生で、それも青汁のようにエッセンスにしたほうがよいということになります。

青汁の原材料のケールという野菜はどんな野菜?

青汁の原材料のケールという野菜はどんな野菜?

ケールは一般のお店では売られていません。

ケールは、アブラナ科の野菜で、キャベツやブロッコリーの原種です。大きな緑色の葉をつけますが、キャベツのように葉を巻きません。もともとは南ヨーロッパが原産の野菜です。

青汁の原料にするためには、なによりも身体に有害な成分がなく、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている野菜でなくてはいけません。また、一年を通して、多くの人に飲んでいただくためには、栽培期間が長くて、ある程度の収穫量が見込めることが条件になります。

ケールはこうした条件を、クリアした野菜として選ばれました。栄養的に見ても満点といえるほど優れていますし、ほぼ通年収穫できます。

ケールにはいろいろな品種がありますが、青汁にはポルトガルケールという大葉種が主に使われています。晩秋にまいて、翌年の秋には1メートル前後になります。葉の一枚の大きさは200?250gほどです。青汁1パック(90cc)よそ100g分のケールを使って作られます。このように優れた栄養分を備えているヶIルですが、食用には向かないため、お店には出回らないわけです。

飲みやすくする為に、何を混ぜる?

果物、レモン汁、トマト、リンゴ、ニンジン、牛乳、を混ぜて飲む

青汁の一番よい飲み方は、そのままストレートで飲むことですが、青汁は決しておいしい飲みものではありません。飲みたいけど、あの青臭さがどうにも我慢できないという人もいるでしょう。そういう人は飲み方をちょっと工夫すればよいのです。

青汁を飲みやすくするには、果物の果汁やレモン汁、トマトジュースや野菜ジュースを混ぜるといいでしょう。野菜ジュースはとくに相性がいいようです。リンゴやニンジンを混ぜる手もあります。ただし、リンゴやニンジンにはビタミンCを壊す成分が含まれているので、先にすりおろして絞り汁をつくり、飲むときに混ぜます。

苦みをおさえるために甘みを加えるときは、最もよいのは(チミツです。精白糖や人工甘味料はよくありません。飲みやすくするために味つけをするのであれは、食塩やみそ(水で溶いて)、しょうゆを使ってもいいし、酸味が好きなら食酢や梅酢をたらしたり、かんきつ類の絞り汁を入れてもよいでしょう。

青汁を薄めて飲む場合は、牛乳が一番よいようです。水や冷たいお茶、炭酸水で薄めてもかまいません。乳酸菌飲料を混ぜても結構です。

便秘、下痢、湿疹、頭痛、悪寒などの症状になったら

青汁を飲んだら変調をきたしたらどうする?

青汁を飲んだら、便秘になったり下痢したりする人がたまにいます。体質によって個人差がありますが、腸の働きが活発になって、腸が水分を吸収しすぎるために便が固くなったり、便秘になったりする場合があるようです。青汁の量を増やすか、水分を多めにとることで解決します。下痢の場合は、飲む量を減らしたり、温度をぬるめにしたり、食後に飲むとか、飲み方に変化をつけてみるとよいでしょう。

便秘、下痢とも、青汁を飲んだときに起こる「好転反応」と考えられるので、心配はいりません。しかし「好転反応」とは聞き慣れない言葉ですね。いったいどういう現象なのでしょうか。便秘、下痢のように一時的に症状が悪化するようにみえるので、一見「副作用」に似ていますが、まったく異なる現象が「好転反応」です。薬品などの副作用は症状がどんどん悪化していくだけのことですが、「好転反応」は病気の治癒過程における1つの現象です。好いほうへ転じるわけで、漢方では「瞑眩(めんけん)」の名で知られる現象です。

「好転反応」の症状としては、便秘、下痢、湿疹、頭痛、悪寒などがあります。個人差があるので、反応もいろいろです。それまで眠っていた体の機能が過敏に反応して、下痢や便秘の症状が出たり、体内の老廃物や毒素が体外に排泄されるので、湿疹のようにブツブツができてしまう場合があるのです。

こうした段階を経ながら、健康回復へと向かっていくので、青汁を飲んで一時的に悪い症状が出たとしても、心配する必要はありません。安心して飲み続けてください。

青汁の飲用をひかえるときはどんなとき

青汁の飲用をひかえるときはどんなとき

青汁には、いわゆる副作用はありません。無農薬で栽培されたケールが原料であるかぎり、栄養成分以外に、体に悪影響を及ぼすような物質が青汁に含まれることはありません。ごく特殊なケースを除き、青汁の飲用を制限する必要はないといえます。

特殊なケースとは、1つは腎臓の機能が極度に悪化した場合で、腎炎の末期の患者さんでは、腎臓からのカリウムの排泄が悪くなり、青汁を飲みすぎると血液中のカリウムが増えて、尿毒症(カリウム中毒)を引き起こしやすくなるからです。青汁の原料のケールにカリウムが含まれているためですが、カリウムには利尿作用があるので、腎炎の初期の患者さんでは飲んでも大丈夫と思われます。いずれにしても医師と相談することが必要です。

もう1つは、甲状腺の病気をもつ場合です。青汁には甲状腺機能を抑える作用をもつ成分が含まれているので、甲状腺機能が進みすぎて起こる病気( バセドー病など)には効果がありますが、逆に甲状腺機能が低下して起こる病気には飲用を避けるべきでしょう。医師と相談してみてください。

1日に飲む青汁の量はどのくらいが適量?

1日に飲む青汁の量はどのくらいが適量?

青汁を飲みはじめる人がまず考えるのは、1日にどれくらいの量を飲んだらいいかということです。適量は、その人の食生活の中身によって違いますし、とくに決まりはありませんが、一応の目安をあげておきましょう。

青汁90cc(1パック)は約100gのケールからつくられます。180ccなら約200g です。前節でも述べたように、成人が1日にとるべき野菜の量は、およそ400?500gといわれています。毎日の食事でふつうに野菜を食べている人なら、1費に180cc飲めば十分です。生野菜をよく食べる人なら90ccでもかまいません。

逆に野菜嫌いの人はもっとたくさん飲むべきです。青汁は野菜の絞り汁ですから、野菜を食べすぎて悪いことはないように、飲みすぎていけないということはありません。たとえ1日に1㍑飲んだとしても、とくに心配する必要はないのです。

また、1日に飲む回数にも決まりはなく、1回で飲んでもいいし、何回かに分けて飲んでもかまいません。いつ飲むかについても同様で、朝、昼、夜いつでもよく、食前、食中、食後これまたいつ飲んでもよいのです。自分に合った1日分かとにかく体内に入ればよく、いちばん大切なことは、それを毎日欠かさず続けることです。

青汁はどんな病気に効くか

青汁はどんな病気に効くか

青汁は実にさまざまな病気で効果があったという体験が報告されています。

糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化などの成人病から、胃腸虚弱、便秘、肝臓の疲労、更年期障害、貧血、不眠、さらにアトピーや喘怠などのアレルギー疾患、そして肌荒れ、吹き出物、皮膚病にいたるまで、実に範囲が広いのです。

もちろん青汁は「薬」ではありませんから、特定の病気に直接的に効くとはいえませんし、ましてや万能薬ではありません。また栄養補給が役割ですから、食生活の違いなどから、人によって効き目がずいぶん異なります。にもかかわらず、効果があったという報告がこれだけ多岐にわたるのは、青汁による栄養補給が、体にもともと備わっている自然治癒力を引きだし、それで病気が治ったのだとしかいいようがありません。

青汁飲用の目的は、不足しがちなビタミン、ミネラルなどの栄養を補給し、健康増進、体質改善をはかることにあります。それが結果として、これまで説明してきたように、体内の化学反応を正常化させ、体が備えている自然治癒力を高めて、さまざまな病気に対し効果が現れるのでしょう。自然治癒力とは、たとえば体内の防衛機構である免疫システムもその1つです。細菌やウイルスをやっつける白血球など免疫細胞のことは、エイズなどでも、もうおなじみでしょう。

体調が整えばどんな病気も治りが早くなります。その意味からいえば、青汁はほとんどあらゆる病気に効果があるということになります。

青汁を飲めば、食欲がでて、便通がよくなり、血色もよくなって、よく眠れるようになります。健康をとりもどすために、これほど最上の食物はほかに例がないといえるのではないでしょうか。