幸せの生活設計を描くために

●自己の神璽世界を麿いて男運を呼び寄せる

数ある美しい花の中から、あなたという花を見つけて飛んでくる蜂や嫌。それは偶然ではない。ひきつけるだけの「何か」が、花に漂っていたからにほかならない。

結婚できそうでできない女性と、順調にゴールインする女性。この差は、顔の美醜が理由ではない。男性を魅了する努力をどのくらい積んだかの途いなのである。

もちろん、内面の美しさは化粧など表面をつくろう以上に大切であるが、それだけでは男還はやってこない。最も重要な努力|(それは自己の神霊世界を磨き、高めていくことにある。そして、男運霊界を動かすことにあるのだ。自分の想念世界を魅力的に拡大し、守護霊様、守護神様を敬い、あわせて相手の幸福も願う。

つまり、霊界からも現実界からも好まれる心境になれば、強力な男運が必ずあなたの身近に、うず巻くのである。

●思わず相手のほうからやってくる秘法

自己の神霊世界を磨くことは、とりもなおさず、霊層を高め、女としての運気を向上させるということだ。霊層とは何かといえば、それはその人の裡霊的な高さをいう。

人殺し、泥棒、嘘つきなど、自己中心的な人関ほど霊層は低い。霊層は数多くのランクに分かれており、高いほど強い普還が、なす巻き、低い層には悪霊が巣食っている。心の持ち方や行いによってランクを上げることができ、それに伴って男運だけでなく運勢全般のレベルアップもできるのだ。

運気は大きく三つに分けられるが、理解しやすいように野球のバッターにたとえて解説してみよう。普通のバッターは「好球必打」のみを心掛ける。つまり、自分の打ちやすい球がきたらパットを振ってみようというわけである。

これを男性交際にいい換えると、好みの男性らしき人物が現れたらアタックしようと思っている心である。これでは、相手まかせ、還まかせという面が強く、男還があるとはいいがたい。次は相手のピッチャーをよく研究して球筋や球種を読むバッター。好球は逃さず、準舟球もそれなりに打ち込むことが可能だ。

関口を広く構えることができ、球種が読める。つまり、ある程度男性を見る目が培われているので、大きな失敗はしない。理想的なのは「絶好球呼び込みバッター」というピッチャーが思わず命好球を投げてしまうバッターだ。相手ピッチャーの心を自在にコントロールし、自分の思い通りの球を投げさせることができる。

男速にいいかえると、好みのタイプの男性が、まるで吸い寄せられるように向こうからやってくる、というわけだ。

これを神霊界から見てみると、守護童、守護神が強烈に働いて大連気が三す巻き、圧倒的なパワーの男還を呼び込む。こんな楽なことはないが、こんな境地に誰もが立てるといけんさんうわけではないのだ。日々の研鏡、たゆまぬ努力、そして深い愛が合致しなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です