野菜を食べるより青汁を飲んだ方がいい理由

野菜を食べるより青汁がよいのはなぜか

康な成人が一日に必要とする緑黄色野菜は、300グラム程度といわれています。

野菜によっても違うのですが、身体に必要な栄養素を生の野菜からとるためには、少なくとも毎日400~500g以上食べなくてはまかなえません。また、青野菜を生で食べると、どうしてもそしゃくが不完全になり、栄養素が体内に吸収される前に、排泄してしまうことが多いのです。

したがって、必要な栄養素を料理からのみで補給するには、かなりの量を食べなくてはいけないことになります。青汁ならば、1パック飲むだけでケール100g 、栄養成分で換算すれば、ふつうの緑黄色野菜のそれ以上をとったことになりますし、効率よく栄養分が体内に吸収されるのです。

さらに、野菜を調理すると、成分が失われることが多くなります。たとえばビタミンCは熱が加わることで、ほとんどが失われてしまいます。調理の際に、砂糖や塩、調味料などが加わり過ぎるのも、健康にあまりよくありません。なるべく生で、それも青汁のようにエッセンスにしたほうがよいということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です