青汁の効能・効果

青汁にたっぷり含まれるビタミンやミネラルは、
現代人の体のゆがみを改善してくれます。
厚生労働省は1 日に食べる野菜の目安として350g
そのうち緑黄色野菜120g を推奨しています。
毎日の食事でこれを満たせる人は少ないはず。
でも緑の野菜をしばった青汁なら、
コップ1 杯飲むだけで一気に不足分をカバーできます。
しかも生だから、栄養の損失もわずか、
天然のビタミン、ミネラルを
効果的にとれるのが青汁なのです。

ガンを抑制

嗇汁の抗力ン効果は、多くの研究で明らかに。抗酸化作用を持つビタミンA 、C 、E や、アブラナ科の野菜が含有するイソヂオシアネートがガン抑制に働くとされます。

ダイエット効果

青汁に豊冨な食物繊鉗には、過剰にとりすぎた糖貫の吸収スピードを 遅くして、 脂肪になりにくくする作用が。また満腹感をもたらして過食を防止してくれます。

動脈硬化を防止

ビタミンE が血簡を丈夫心し、末梢血管を拡張して、血流を改善し生す。また食物繊維は。コレステロールを抑制し、代謝を正常化。しそ油に含まれるαリノレン酸も効果的。

高血圧を予防

塩分の排出に役立つカリウムや食物繊維、血管を広げて血圧を下げるマグネシウムなど、青汁には高血圧に効くとされるミネラル成分がたくさんつよっています。

美肌を守り老化を防止

抗酸化作用の高いビタミン類が、細胞のサビつきを防ぎ、美肌や老化防止に働きます。
特に水菜に含まれるポリフェノールには、30代以上の肌細胞を修復する効果が。

アレルギー疾患(アトピー) を改善

青汁がアレルギーのもとになる抗体の生成を抑制することが研究で明らかに。ビタミンBn や、しそ油に含まれるαリノレン酸がアレルギーに効くといわれています。

ダイオキシン(有害物質) を排出

緑黄色野菜に多いクロロフィルと、食物繊維が体内を循環するダイオキシンを吸着。便といっしょに排出することが研究でわかっています。農薬などの有害物質にも有効。

便秘を解消

食物繊維が便に入り込んで、腸壁を刺激。イ更を出すぜん動運動を活発にして、スムーズなお通じにさ回訓昜内のビフィズス菌を増やし、腸の働きを改善するともいわれます。

骨粗しょう症を予防

100g中の含有量では牛乳よりカルシウムの多いかぶの葉など、青汁野菜は骨を強くする成分が豊富。ビタミンK やC 、マグネシウムも骨の強化に働きます。

視力回復、眼精疲労を改善

網膜や目の粘膜を健康に保ち、目のビタミンと言われるβカロテンをはじめ、水晶体の老化を防ぐビタミンC 、ざらにビタミンB 群やE が目の症状の改善や予防に。

不眠を解消

大根や牛ヤベツなどアブラナ科の植物に含余れるメラトニンには、正常な睡眠のU ズムを整える作用が。まだビタミンBやカルシウムは精神安定に働きます。

冷え性を解消

冷え性の主な原因は血行不良。ビタミンEが血行を改善し、ビタミンC は毛細血管の働きを強化。鉄分の捕給で貧血を防止。血行が良くなることで、冷え性が改善されます。

風邪を予防

ビタミンC が免疫力を高めて、風邪ウィルスを撃退。ビタミンA やB 群も免疫万アップに作用。青汁の成分が総合的に働いて風邪を予防し、さらに治りを早くします。

貧血に効果的

女性に多い貧血には、小松菜や大根の葉に多い鉄分が有効。ピタミン群も貧血防止をサポート。赤血球の不足で起こる悪性貧血には、ブロッコリーなどに多い葉酸が必須。

口臭、体臭の抑制

緑の野菜に多く含まれるクロロフィルには抗菌・消臭作用があり、口臭・体臭を抑える働きが。また胃炎や歯周病の炎症をいやす消炎作用で、においのもとを断つ効果もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です