賢い『青汁の選び方』

●いろんな青汁が売られています。選ぶ基準を教えてください

ひと囗に青汁といっても、メーカーによって原料が逆うので、中身をよく確認することが大事です。製品や原材料の栄養成分表などを参考にして比べてみるといいでしょう。

作り方でも述べたように、毎日飲むものですから、無農薬や、有機栽培の野菜を使ったものがおすすめです。さらに防腐剤や安定剤などの添加物や、飲みやすくするために糖分などを加えているものは避けたほうがよいでしょう。

商品には生のしぼり汁を冷凍したものや、粉末、固形タイプがあります。加工技術が進み、粉末などでも、生の冷凍製品と変わらないものもあります。また、1回分の分量がどのくらいの野菜に相当するのかも、メーカーによって違うので確認しましょう。職場や旅先など外では粉末、固形タイプが便利です、ライフスタイルに合わせて選びましょう。

どのくらい飲んだら効果が出てくるものでししょうか

たとえば便秘の解消なら、1週問で効果が出たという人もいます。ただし、青汁は医薬品ではないので、これだけ飲んだらよくなるという決まった期間はありません。また、それぞれの体質、食事や生活習慣によっても違います。マウスなどの動物実験で効果を見る場合は、少なくとも3?4週問与え続けます。小さなマウスでも、効果が現れるまでにそのくらいは必要ということです。現代人の多くが栄養の偏った食生活をしており、その結果さまざまな体の不調に悩まされていす。青汁は栄養のバランスをて、症状を改善するもの。果はゆっくりですが、医薬うな副作用はありません。体験者の話では、3 か月で効果を実感した方が多いす。まずは、基本の飲み方続けてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です