賢い『青汁の飲み方』

●1日に飲む青汁の量はどのくらい?たくさん飲むほど効果があるの?

青い葉からしぼり取ったストレートの青汁で、1日にコップ半分(約90g)から、コップ1杯分(約180g)くらいが目安です。ふだんあまり緑黄色野菜を食べない人は多めに、よく食べる人は少なめでいいでしょう。野菜だからいくら飲んでも人丈夫と思っている方がいますが、あまり大量に飲むのはよくありません。薬を適量以上にとりすぎると、体に害になるのと同じ。たとえ野菜でも体に効くものだから与えすぎは禁物ですたとえばビタミンΛ必要以上に撮ると、肝臓にたまり、吐き気や、肝臓を痛めるなどの副作用が‘現れます。また、過剰なビタミンCは、酸化物質となって体に害を与えるという説もあります。

●朝、夜、食後などいつ飲むのがいいですか?

薬のように、食後や食間なAどの決まった飲み方はありません。起床時でも、食事時でも、好きな時に飲んでください。一番大切なのはいつ飲むかより、毎日続けること。そのために決まった時間に飲むよう習けたほうがいいでしょう。起き抜けの1杯でもいいですし、朝は忙しいなら、風呂ありに必ず飲むことにしてもかまいません。

ただ、ダイエットを心かけている人は、食前に飲むのがおすすめ。食物繊維が満腹感をもたらして、食べすぎを防いでくれます。

便秘の解消が目的の場合は、食事の前後に飲むといいでしょう。また、糖尿病の方も、食事といっしょにとると、ブドウ糖の腸管での吸収がゆるやかになり、血糖値の上昇を抑える効果が期待できます、ミネラル分か豊富なので、スポーツドリンクのように運動後に飲んでもいいでしょう。

●飲みやすくするために、好きな食材を混ぜてもいい?

青汁だけで飲むほうがいいのですが、囗に合わないと続けるのがイヤになるもの。まずは飲みやすい昧にアレンジして、毎日飲み続けてください。ただし、混ぜる食材には注意してください。ビタミンC を壊すにんじんジュースなどとは混ぜないほうがいいでしょう。

また、はちみつなどで甘みみをつける場合は、入れすぎるとカロリーオーバーになります。適量を保ちましょう。慣れないうちは飲みやすい味に調節し、慣れてきたら加える量を少しずつ減らすといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です